2019-05-11
カテゴリトップ>ギフト商品>喫煙具
【ポイント5倍】【送料無料】 SMOKE&COMPANY スモーク&カンパニー 飯塚昇手作り煙管 銀竹節延三段節 【正規品】【smtb-f】
※この商品はDM便でのお届けはできません。
  • [材質]純銀
  • [サイズ]長さ:222mm

  • <飯塚昇手づくり煙管>
    200年の歴史を持ち、匠の技を極めた伝統の手作り煙管(キセル)

    キセルはかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市のキセル作りは少なくとも200年の歴史がありますが、キセル職人の数は年々減少し、現在燕市における手作りキセル職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。

    昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。
    ※お求めの後、1週間以内の初期不良はご返品可能です。
    ※ディスプレイの違い等により、色の見え方が実際の商品と異なる場合があります。
    ※この商品は、ご注文時点で当店在庫が無くメーカー取寄せとなる場合があります。また、メーカー完売や納期未定となる場合がありますので予めご了承ください。

    母の日、父の日、敬老の日、成人の日、バレンタインデー、ホワイトデー、結婚記念日、などの贈り物に。進学、卒業、入園、入学、合格、就職、新成人、誕生日、結婚、出産、昇進、栄転、還暦、古希、開店、新築、などのお祝いに。転勤、退職、退社、などの記念品に。先生、恩師、上司、お世話になった方への感謝の気持ちをこめて。引き出物、年賀状、お中元、お歳暮、フレッシュマン、フレッシャーズ、などギフト贈答品に。販促品、景品、記念品、ノベルティとして。高級筆記具、輸入筆記具、ブランド筆記具、デザイン文具、ペンケース、書斎の机上製品など、新品商品は全て正規品で安心です。ラッピング無料、税込5000円以上お買上で送料無料、万年筆・筆記具・ステーショナリー・ギフト商品のキングダムノート。


    SMOKE&COMPANY│飯塚昇謹製煙管


    ■200年の歴史を持ち、匠の技を極めた伝統の手作り煙管(キセル)

    キセルはかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市のキセル作りは少なくとも200年の歴史がありますが、キセル職人の数は年々減少し、現在燕市における手作りキセル職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。

    昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。

    煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけでなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。


    ■構造

    煙管(キセル)は、火皿(ヒザラ)、胴(ドウ)、吸口(スイクチ)の3つの部分から成り立っています。雁首と吸口を竹製の管(羅宇)で繋いだものを羅宇(らう)煙管といいます。

    火皿や胴、吸口までが一体になった煙管を、延べ煙管(キセル)といいます。


    ■愉しみかた

    1.刻みたばこ葉をひとつまみ手に取り丸めます。普段から葉を加湿しておくと丸めやすくなります。
    2.丸めた刻みたばこ葉を火皿に詰めます。あまり強く詰めすぎないのがポイントです。
    3.吸口をくわえ、火をつけたマッチやライターを火皿に近づけます。
    4.刻みたばこ葉に火がついたらゆっくりとふかします。
    5.吸い終わったら、指を添えて軽く叩き灰を落とします。

    ■お手入れ

    1.手入れに必要な道具は、モールクリーナー、銀磨きクロス、消毒用アルコールです。
    2.煙道に付着した汚れは、火皿が十分に冷えたことを確認してから分解し、モールクリーナーで拭きとってください。汚れのひどいときは消毒用アルコールにモールクリーナーを浸して使うとよいでしょう。
    3.火皿は、定期的にやわらかいクロスで磨いてください。時間の経過とともに味わい深い色あいに変化していきます。

    ■煙管(キセル)の歴史

    喫煙文化はもともとアメリカ大陸で始まったといわれています。大航海時代、コロンブスがアメリカ大陸を発見し、次々とヨーロッパ人がアメリカ大陸を訪れるようになり、そこから世界各地へ煙草が広まっていきました。日本にたばこが渡来したのもこの時期で、16世紀から17世紀ごろと言われています。すぐに日本にも煙管(キセル)でたばこを吸う文化が浸透し、徳川家康のもとにもスペインの宣教師から煙管が贈られたという記録が残っています。

    その後、江戸時代には、日本独自の煙草文化として煙草文化が発展していきます。刻みたばこ葉は、世界でも例のないたばこの加工技術を使って生産される様になりました。その特徴は細さにあり、国産の刻みたばこ葉は細さ0.1ミリと髪の毛よりも細いものもあります。

    独自に発展したのは、刻みたばこ葉だけでなく煙管も同様で、形も細刻みのたばこ葉を吸うのに最適な形(火皿の小ささや煙管の長さ)へと変化していきました。また、日本の美意識を継承し、繊細な彫金を施した煙管などが作られるようになり、煙管と刻みたばこ葉を持ち歩くためのたばこ入れと併せて、江戸時代の人々にとっては、持つ人の個性を映し出すものとなりました。


    『スモーク&カンパニー│飯塚昇手作り煙管(キセル)』 全商品は こちら>>
    【ラッピング無料】【送料無料】
    価格
    91,800円 (税込)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
    ギフトラッピング  
    お取り寄せ(発送日は別途ご連絡)
    個数
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く